30代女性会社員のシンプルライフ

働くこと、美容(敏感肌)、ダイエットなどを日々綴ります・・・

【敏感肌・大人ニキビ】お肌に負担をかけないおうち時間メイクとメイク落とし

お題「#おうち時間

 

4月の半ばから在宅勤務になり、5月も引き続き在宅勤務です。

30代になってから敏感肌になり、大人ニキビに悩まされている私は、「やった!マスクもメイクもしなくていい!」と大喜びでした。

敏感肌にとっては、マスクと肌の摩擦も、メイクも、メイク落としも、すべて肌にダメージを与える刺激となってしまうのです・・・

 

特に、3月4月前半は、一日中マスクをしながら会社で仕事をしなければならなかったので、マスクと肌が当たる部分にニキビ予備軍ができてしまったり、マスク内のムレで肌が赤くなったりと、鏡を見るたびに落ち込む日々が続きました・・・

 

4月の肌荒れ記事はこちらにまとめてありますので、いかにひどい状態だったか気になる方は読んでみてくださいね笑

 

sparklingsnow.hatenablog.com

 

そんなブルーな気持ちになっていたところに在宅勤務の知らせ!

マスクを長時間つけない生活になって、肌荒れも少し落ち着いてきました。

(外出時は必ずマスクをつけています)

また、スキンケアアイテムを変えたこともあり、5月は4月よりも肌の調子はいいです。

 

新しいスキンケアアイテムについての記事はこちらです。

乾燥肌、大人ニキビに悩んでいる方は、ぜひ読んでくださいね。

 

sparklingsnow.hatenablog.com

 

メイクしなくてもよいとはいっても、ほぼ毎日オンラインミーティングはあります。

また、食料の買い出しなどで外出することもあります。

なるべく肌に負担をかけないように、でも社会人として清潔感があるように、工夫してメイクをしています。

今回は、そのメイク方法と、メイク落としについてご紹介します。

f:id:sparklingsnow:20200523132924j:plain

お肌に負担をかけないおうち時間メイクとメイク落としとは・・・

 

お肌に負担をかけないおうち時間メイク

おでこ・フェイスラインは髪型でカバー

メイクではないのですが、前髪や顔回りの髪で荒れた肌を一時的に隠します。

ミーティングが終わった後や外出から帰ってきたら、ヘアバンドやゴムを使って、髪がなるべく肌に触れないようにします。(それすら刺激になるので・・・泣)

 

どんなに肌に優しい低刺激の化粧下地やファンデーションを使っていたとしても・・・

肌に塗るときの摩擦や、クレンジングの摩擦が刺激になってしまいます。

できるだけ肌に化粧品をつけないようにします。

 

眉はしっかり描く

20代の時はアイメイクに気合を入れていましたが、30代になってからは眉をしっかり描くようになりました。

眉がはっきりしているだけで、意志が強そうで、しっかりした印象を他人に与えることができるのでは?と思っています。

平行眉や下がり眉がトレンドのようですが、私はペンシルアイブロウでアーチ眉にして女性らしさと強さを演出しています。

 

アイシャドウ、アイラインはしっかり引く

目元はピンクブラウンのアイシャドウと、漆黒のアイラインでパキッとした感じに仕上げています。

黒髪セミロングなので、目元の印象が薄いと芋っぽくなってしまいます・・・

 

マスカラはまつ毛の先にだけつける

普段はまつ毛の根本からたっぷりつけているのですが、おうち時間は違います。

まつ毛の先にだけ、長さを足すように、少しだけつけます。

オンラインの画面だと、まつ毛の量や長さなどのニュアンスはあまり伝わりません。

アイラインだけで、目元は十分はっきりします。

また、まつ毛の先にだけつけることによって、メイク落としが劇的に楽になります。

 

気になるところだけコンシーラーで隠す

赤みや大人ニキビなどの気になるところだけ、コンシーラーで隠します。

ファンデーションとチークは思い切ってつけない!という勇気を持ちます。

オンラインの画面だと、そこまで肌の質感は伝わらないし、Zoomですとうれしい外見補正機能がついています。

外出時も、マスクをしますので、ノーファンデーションでOKです。

 

リップはしっかり色をつける

ノーファンデーション、ノーチークなので、唇の色が悪いと病人のようになります笑

ですので、リップはしっかりと色を乗せます。

私はブルべなので、青みのあるピンクリップを愛用しています。

 

お肌に負担をかけないメイク落とし

眉、目元、リップはポイントリムーバーで優しく落とす

しっかりとメイクをした眉、目元、リップは、メイク落としもしっかりします。

ポイントリムーバーをコットンに含ませて、優しくなじませ落とします。

ついついこすってしまいたくなるのですが、我慢我慢・・・

 

私は、ビフェスタのうる落ち水クレンジングを使っています。

するすると素早く簡単にメイクが落ちるので、メイク落とし時間が短縮されてありがたいです。

 


 

コンシーラーをつけたところだけ、クレンジングジェルで落とす

ノーファンデーションなので、コンシーラーをつけたところだけ、クレンジングジェルをつけます。

指先で一か所ずつ丁寧になじませたら、ぬるま湯ですすぎます。

そして、普段の洗顔をして、メイク落とし終了です!

 

 

まとめ

お肌に負担をかけないおうち時間メイクとメイク落とし、いかがだったでしょうか。

人の印象を左右する眉・目元・リップはしっかりメイクし、お肌は気になるところだけカバーすることにより、お肌への負担を軽減します。

メイク落としもシンプルになります。

肌荒れでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!